人気アイテムを把握!失敗しないお中元の選び方

お中元は相手の立場や家族構成に合わせて選ぶことが大切

お中元の基本知識

お中元は世話になった人に感謝とお礼の気持ちを込めて贈ります。昔は実際に訪問してお中元を届けていましたが、現在ではオンラインショップなどの宅配サービスが一般的です。「お中元」という熨斗をかけて贈ります。

喜ばれるお中元ギフト

お中元に大人気のアイスクリーム

猛暑が続くお中元の時期はアイスクリームのギフトが人気商品です。こだわりの手作りジェラート、きらびやかなアイスキャンデー、果物をかたどったシャーベットなどこの時期ならではのラインナップがあります。

お中元にはビールやお酒

お中元の定番といえばビールやお酒などではないでしょうか。特に発砲酒でないビールのお中元は、お酒好きな方から喜ばれる一品です。ビール意外でも冷酒や焼酎なども人気です。

お中元には高級フルーツ

お中元の時期となる夏場は、果物がおいしい季節でもあります。特に自分ではなかなか買わないメロンなどの高級フルーツが旬を迎えるため、どの家庭でも喜ばれる品物で間違いありません。

人気アイテムを把握!失敗しないお中元の選び方

贈り物

お中元を贈る時期とは

お中元を贈る時期は基本的に夏ですが、地方によって贈る時期に差があります。例えば関東地方は7月の初旬から中旬ぐらい、関西地方は8月の初旬から中旬ぐらいまでが目安とされています。どちらも共通しているのは「土用を過ぎるまで」がマナーのようです。もしお中元の時期が遅れてしまった場合は熨斗を「残暑見舞い」に変えて贈ります。遅れたからといってそのままにするのではなく「残暑見舞い」になっても贈った方が真心が伝わります。

お中元を贈る際に気をつけておきたいこと

お中元はお世話になった人に贈るものですが、誰にでも贈っていいわけではありません。実は「贈ってはいけない相手」がいます。それは公務員や政治家です。いくらお世話になったとしても公人に送ってしまうと相手にも迷惑になります。相手の立場も考えてましょう。また、贈る相手の住所や勤務先の情報は常に最新のものを把握しておくことがマナーです。社長が代替わりしたのに旧社長宛に送ってしまったり、会社の名前を間違えたりなどはビジネスマナーとしてもNGです。お世話になっている相手だからこそ間違えてはいけない事があります。

熨斗のマナーについて

お中元の熨斗にはマナーがあります。まず水引はお祝い事としてはスタンダードな紅白の蝶結びです。上段に「お中元」もしくは「御中元」と記します。下段の中央にフルネームを記しますが、苗字だけでも問題ありません。連名は3名までがマナーで、それぞれ立場の違う人間からなら目上の人は一番左に書きます。会社名と名前を書く場合は右側の上に名前より小さく社名を記して名前を書きます。熨斗に先方の名前まで入れる場合は、上段の右端に記します。覚えておくと便利です。

お中元とお歳暮の違い

お中元は半年間お世話になったお礼を込めて贈るものでお歳暮は一年のお世話になったお礼を込めて贈るものとされています。お中元を贈る時期は決まっていますが、東日本と西日本で時期が変わります。お歳暮も同様です。お中元とお歳暮、どちらを優先して贈るかというと、実はお歳暮の方が優先度が高いのです。お中元もお歳暮も両方贈る事が負担だという人は、お歳暮だけでも失礼には当たらないといわれています。

付き合いを深めるために欠かせないギフト

お中元やお歳暮は、普段からお世話になっている人に感謝の気持ちをカタチに示すチャンスです。お中元を贈るという事は「引き続きよろしくお願いします」の意味も込められています。良い付き合いを続けるためにも、お中元を贈る習慣は続けましょう。

広告募集中